2008年05月11日

手術寸前??

皆様GWはいかがお過ごしでしたか?
ピッピ家はカレンダー通りでしたので、飛び石の後半4連休のみでした。
残念なことにもうやだ〜(悲しい顔)今ひとつお天気に恵まれず最終日にやっと晴れたので、奥さんの車(RV)教習を兼ねて「神奈川県立戸川公園」へお弁当レストランを持って出かけたくらいでした。

     あぢ〜

丹沢への登山道の入り口も兼ねている公園は、バーベーキュウ・エリアや川遊びエリアやサッカー場サッカーや野球場野球もあって、広くてキレイに整備が行き届いた自然一杯な公園でした。

が…遡ること一週間。
夜、私達のベッドで先に寝て眠い(睡眠)いたピッピの右目の上に「ダニexclamation&question」らしき赤い点を発見。
様子を見ようとした旦那さんが、眠くてご機嫌斜めになったピッピに「がぶっ」っとされて、名誉の負傷をしてしまいました。

     いぼ?・1

発見してから2〜3日後、予防接種に行った時に先生に聞いてみたら「いぼでしょう、でも大きくなったら言ってくださいね。麻酔をして採りますから」ということでした。

     いぼ?・2

先生に言われた通りに毎日気にして見ていたら、日に日に大きくなっていくし、目やにもヒドクなっていきました。

更に一週間が経った頃には、あの食いしん坊のピッピが「やや食欲不振」になってくるし…
「いぼ」の色は不気味な色になっているし…
旦那さんと奥さんの頭の中には「こんなに急に大きくなるなんて、きっと悪性の物に違いないがく〜(落胆した顔)」という思いがグルグルしてました。

     取れた!

病院病院へ連れて行ける休みまで待ってみると…
ピッピを診察した先生は「頭を押さえてて!」と言うなりカンシを手にしてピッピのできものを摘み取りました。
『麻酔をして、手術をする』ことを覚悟していた旦那さんと奥さんは心臓がバクバクしていたのに…
先生は「ごめんなさい!ふらふら見間違えてました、ダニでした」と、ピッピの目に薬を塗って消毒してくださいました。

カンシで採った物をよ〜く見ると、手足がジタバタ動いてましたし、大きくふくらんだ部分を潰すと、どす黒い血(ピッピの血)が出てきました。
何でも、喰いついてしまったダニはカンシ等でキレイに針を抜かないと、皮膚に残った針の部分から化膿してしまって、傷口を縫わないといけなくなるとかどんっ(衝撃)
今回はキレイに取れたので大丈夫でしたが、フロントラインを毎月キチンとやらずに適当な間隔でやっていたせいで、効き目が切れた時に喰いつかれたようです。

自然の中をお散歩るんるんも良いけれど…
健康管理もしっかりしないと手(チョキ)って肝に銘じた奥さんなのでした。
皆さんも気をつけましょう!


<WANTEDかわいい

どなたか、この花の名前をご存知な方がいらしたら教えてください!

特徴は…
黄色もしくは稀に白、遠目には「ミニバラ」に見えますけれど、葉っぱが違います。
4〜5月頃に咲いていて、塀や垣根に這うようにして伸びています。
お花屋さんでも探してみたんですけど、どこにもありませんでした。(もしかしたら、もっと早い時期に売られていたのかも?!)

     何ていう花?・1

     何ていう花?・2



posted by ako at 21:38| ☔| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。